FC2ブログ

記事一覧

告られてしまいました。

20170328052945608.jpg






職場で色々と作業してたら、



「おーい!」

「おーい!」

「おーい!」



(私の名前はおーい!じゃないし、
あなたの妻でもない。)←心の叫び




マツユキ→「どうしました~(*^^*)?」



と顔を覗くと、
無表情で早口に、



「#*&%£¥∞た」



マツユキ→「…え?
え、ゴメンナサイ、何て言ったの~?」



「み*&%£¥∞た」



マツユキ→「ちょ、ゴメンナサイ、
ゆ~っくり、
言ってもらえますか~(^^;?」




「みーとーれーたっ!!」




(………ん?どした(´-ω-`)?)




聞き間違えたかなぁと思って、
失礼かと思いつつも、
今一度確認しました。




マツユキ→「え?えっと、見とれたって、
言ったの?」




するとまた早口に、



「うん、見とれた」



マツユキ→「アハハ(;゚∇゚)そっかぁ~、
って、

誰に見とれたのかなぁ~(*^^*)?」




するとまた早口に、



「アンタ」



マツユキ→「え……、え(;゜∀゜)?」



「アンタ」



マツユキ→「え、私ですか?」



「アンタ」




この方は、
普段からぶっきらぼうで、

おーい!と呼んでは、
無表情で早口に、

早くしろだの、
腹減っただの、

大変世話のやける、
だけど寂しがり屋さんな、

96歳のお爺ちゃん。



だからまさか、
こんな風に告られるとは、
思いもよらず。



マツユキ→「んもぉ~、
そうやって色んな女の人に、
口説いてきたんでしょ~

でも嬉しい、ありがとう(*^^*)」


と、
その方の手を握りました。



するとその方は、


「エヘッ」という顔をしてました(笑)




スミレさんゴメンナサイ、

スミレさんの他に、
私の事を見とれてしまってる人が、
この職場にいます。



先日、
この方の娘さんがいらしたので、
隠してるのも嫌なので、
正直にお伝えしました。



「あ、あのぅ、あなた様のお父様に、
見とれたと告られてしまいました。

以来私、お父様を意識してしまいます。

そんなことはないと思いますが、
もしも、もしも、お父様と、
恋仲になってしまったらゴメンナサイ。」



と頭を下げたら、



「あははは、
宜しくお願いします~ぅ」って。




なんとまぁΣ(・ω・ノ)ノ




娘さん、
寛大なのか、
軽いのか。



スミレさん、
でも心配はいらないよ。

私は、
スミレさんだけだよ。

娘さんに、
調子のいいこと言っちゃったけど、

愛してるのはスミレさんだよ。

だからお願い、
私を奪い合うのはやめて。


「喧嘩をやめて~、
二人を止めて~♪」





ってこんな夜中に、
何故か家の火災報知器が鳴って。

すっげぇビックリして飛び起きて。

からの今です。




眠れやしねぇぜヘイベイビ。




でも寝よっと。




おやすみ~ちょ、
カラムーチョ。





('ー')/~~




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツユキ

Author:マツユキ
ようこそ、「330」へ。
私たちは、既婚者同士、女同士、でも恋人同士です。
そんな二人の事、彼女への想い、他にも日常の事など、その時に感じた事をそのまま綴りたいと思います。
批判や男性からのコメントは受け付けませんので、ご了承ください。
気分を害する方は、読まないよう、よろしくお願いします。