FC2ブログ

記事一覧

ワンコ

20170328052945608.jpg





足拭きマットがボロンボロン、
マツユキです、
こんにちは。


うちのワンコがね、
床に置いてあるものは、
全て噛む。

噛んでじゃれる。

お陰で、
靴下を脱ぎっぱなし~!

とかは無くなったので、
私が家族に鬼になることも、
減ってきましたけど(^^)


今朝、
そのワンコを散歩してまして、
天気も良く気持ちがいいし、
そんな様子をスミレさんに送ろうと、

「お散歩な~う。」

って画像つきの、
ボカシ無しで送ったのだけど、


ふと思ったよね。


ふと、ではない、
前々から思ってて、
口を酸っぱくして言ってて。


犬を飼うにあたってアルアルなんだけど、

子供たち→「自分達で面倒見るから~、
飼~い~た~い~!」

言われてたんですね。


いやいやいや(ヾノ・ω・`)と、
そんな言葉に騙されない(ヾノ・ω・`)と、

かれこれ、
10年近く断ってたんですよ。


そもそも、
主人は犬が大嫌い。

私は元から好きなんですけどね。


そんなこんなで、
家族の一人でも犬嫌いが居るのなら、


無理よっ!


って断ってたんですが、


うちには、
ほら、
可愛い可愛い不登校ちゃんがいるでしょ、

で、


その子のためにも、
飼うか~っヽ(・∀・)ノ!


って急に言い出したのは、
犬嫌いの主人でして、



えーーーーっΣ(・ω・ノ)ノ



って空耳かと思いまして、


「え?その子のanymore cow?」


かと思いまして、
(直訳すると、その子のもうこれ以上牛)

意味わからん


いや、やっぱりこの人、
犬飼うとか言っちゃってるし。

私は好きだから嬉しいけど、
知らんぞ~( →_→)?

ってどこか微妙な気持ちで…



当然子供たちは大喜び、
ですよね。


しかし!
飼うにあたってお金は出すけど、
面倒は子供たちだけで見ること、
絶対にっ!!

それを約束で飼ったんですけどね。



約束なんて破るためにあるもの、

お前のものは俺のもの、
俺のものは俺のもの、

で、朝が苦手な子供たち、
はい、起きれない(´-ω-`)


それでも私は知らないもん、
プイッ<(`^´)>


ドロドロドロ~、
朝散歩してあげないとね~、
膀胱がこ~んなに大きくなってね~、
(目を見開いて、両手で大きく表現)


「ぼーーんっ!!」


こうなる(←両手で大きな音を鳴らす)

はーはーはーはーっ

悪魔か


って散々脅して、

子供たちも、

「えーーーーっ困るーーーっ」

言うくせに、
やっぱり次の日の朝は起きれない。


オイッ、私をナメとるだろ。イライラ


っとしてるうちに、
あの犬嫌いの主人が、
一番可愛がるようになり、

何故か朝の散歩は主人がやり。


納得のいかない私は子供たちに、

どうしてお父さんにやらせるの?と。
約束が違うでしょ?と。


そのたびに、

シュン(._.)(._.)(._.)、

とするのだけど、


朝の散歩が満更ではない主人は、


まぁまぁまぁ(;´∀`)


みたいに言っちゃってるし。



もぉ~!
二度と犬飼わないんだから!

って言ってみたものの、
飼ったばかりのまだ1歳だし(´-ω-`)



それでも、
私は絶対にお散歩しない、
知らないからっ<(`^´)>!


って誓ってたけど、
主人が出来ないときは、
ワンコが可哀想になり、

だって、

「お散歩してくれないの?」

と言わんばかりに、

可愛いつぶらなお目々で、
首をクイッとかしげて、
私を見てるわけですよ。



か、か、可愛いーーーーーっ!



で、



結局私が散歩してるーーーーっ!



はぁ~悔しいっ!



でもそれ以上に、


クッソ可愛いんだなぁ、
うちのワンコ~~(*´∀`*)


あ~、
やられっぱなしです(=ω=;)




以上、
エロ一切無しの、
犬を飼うにあたってアルアル、

でした。






では。





('ー')/~~




今、朝マックしてるんですが、
吐きそうな咳をしてしまい、

恥ずかしー(/-\*)オエッ

同じ空間に居たみなさん、
ごめんなさい。オエッ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


お帰りの際には、
どっちかポチッとしてくれたら、
マツユキ、マンモスヤッピ~ですので、
宜しくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツユキ

Author:マツユキ
ようこそ、「330」へ。
私たちは、既婚者同士、女同士、でも恋人同士です。
そんな二人の事、彼女への想い、他にも日常の事など、その時に感じた事をそのまま綴りたいと思います。
批判や男性からのコメントは受け付けませんので、ご了承ください。
気分を害する方は、読まないよう、よろしくお願いします。