FC2ブログ

記事一覧

今日は(*´艸`)



「二人が初めて結ばれた日」

らしい(*´艸`)キャ


午前中に、
二人の共通のアプリから、
そんな知らせが届いていました(笑)

それは、
そう通知が来るように、

設定したんだけどね、
私がね(笑)


そうか、
四年前の今頃か。



「今日やるんだろうなぁ」


そう思いながら、
スミレさんちへ向かったのを、
覚えてます。


なんたって、
私にとっては初めての女性。

スミレさんは、
何回か、何人かと経験済み。


さて、
どう扱うんだろ(・◇・)?

あそこの構造は、
どうなってるんだろ(・◇・)?


わかってるんだけど、
わからないよ(^^;


と、とりあえず、
お酒の力を借りました。

酔った勢いってやつね。



「こっち来て」

と、
ソファーに座ってる私の上に、
スミレさんをまたがせ、

目の前に、
胸元がきたから、


「オッパイ、
舐めてもいいですか?」


そう聞いた気がする。
(当時、まだ敬語(笑))


スミレさんは、
恥ずかしそうに、
困ったような顔で頷きました。


それからそっと、
スミレさんのブラをずらすと、

前々から大きいとは聞いていたが、
本当に大きくて(///ω///)♪


うわ~~(* ̄∇ ̄*)


ってなった。

そして舐めてみたら、
敏感に感じてくれてて。



マツユキ、
ド素人のくせに、
火が付いたよね!


それから、
手探りで、
下の方を触ったら、
よりいっそう感じていて、

もうね、



押し倒したw!
床にw!



懐かしいです(*^^*)



柔らかな女の人の身体、
滑らかな舌といい、

癖になるのも無理ないわぁ(;´∀`)



あれからず~っと変わらず、
スミレさんと、
スミレさんの身体に夢中です( ☆∀☆)





今日、
これから働くところの職場へ、
行ってきました。

早速来月の1日から、
働くみたいです。

私の長所は、
ちょっとやそっとじゃ、
緊張しないこと。

めっちゃワクワクしながら、
話を聞いてきました(^^)


でもやっぱり、
不安だらけではある。

そういった学校へ通ったけど、
そっち系のお仕事は、
今までしたことないから。

だから私は、
ド素人中のド素人であり、
謙虚に学ばせていただきたいと、
思います。


そんな中、
X'masboyから、
応援メッセージが入ってました。













心なしかエロイぼけだな(^^;






では。






('ー')/~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツユキ

Author:マツユキ
ようこそ、「330」へ。
私たちは、既婚者同士、女同士、でも恋人同士です。
そんな二人の事、彼女への想い、他にも日常の事など、その時に感じた事をそのまま綴りたいと思います。
批判や男性からのコメントは受け付けませんので、ご了承ください。
気分を害する方は、読まないよう、よろしくお願いします。